外国の女性
  • 働く条件

    日本語教師になるためには、専門的な資格の取得が必要になります。日本を教える事を仕事にするときにも日本語教育養成講座や日本語能力検定試験を受けることが条件になっている求人があります。

    詳しく読む

  • 専門コースを利用

    海外留学するとなれば、TOEFL対策を行なって勉強しないといけません。ですから、最近の英会話スクールなどではTOEFL対策を専門にしているコースを用意してくれています。

    詳しく読む

  • ネットで学べる

    世の中のグローバル化が進むにつれて、企業のグローバル化も進んでいます。それに伴い、ビジネス英語が重要視されるようになり、それを学ぶ方も多く見られるようになりました。

    詳しく読む

  • 日本語を教える重要性

    日本語教師になることを検討している人は多くいます。外国人との交流が増えているので、日本語を教えることの必要性が多くあります。日本語を教えるときには、語学的な知識や学問的な知識も必要になります。

    詳しく読む

初心者のための英語

英語教材選びの重要性

英語を話せるようになりたいとだれもが願っています。中学校から長い期間英語を勉強してきていますが英語を聞いたり話したり出来る人はほとんどいません。これは英語を聞いたり話したりする訓練をしてきていないことが原因となっています。初心者の人が陥りやすいことは自分のレベルにあっていない教材を選んで途中で挫折してしまうことです。そうならないために教材選びは重要です。初心者の人が英語を聞き取れない原因は発音にあります。日本語では発音がない言葉は聞き取ることができないため聞き取れるように訓練が必要となります。なので初心者の人は発音練習ができるCD付の教材がお勧めです。値段も千円ちょっとで購入できるものが多いので格安で自分で勉強できます。それを何度も繰り返し聞き自分で発音する練習を数か月続けます。

英会話の練習方法について

発音をある程度マスター出来たら次は語彙力を増やすことになります。これも英会話教材にのっているものを発音練習し単語を覚えていきます。最初は挨拶や短い文章の会話で使われている単語に絞って練習することです。徐々に慣れてきたら少し長い文章の練習をします。この時にもCDから流れる英語を聞き聞き取れない単語を中心に発音練習することが重要です。聞き取れない音は自分で発音できない音なのでCDから聞き取れる音に近づくよう発音練習することが大切です。ある程度のリスニング力と会話力がついてきたら実践での訓練となります。やはり対人での会話のやりとりをしないと定型文のみでは会話はなりません。そのためにお勧めなのがインターネット電話を利用することです。