アルファベットとキャラクター

働く条件

日本語教師になるためには、スクールに通って資格を取ることが近道になります。日本語教師の資格は、国家資格でなく、日本教員養成講座や日本語教育能力検定試験を合格することで資格を取ることができます。
これらを独学で勉強して資格を取ることは難しいので、専門的なスクールに通うことで日本語教師の道が近づきます。

日本語教師の求人などに載っている条件として日本語教員養成講座420時間修了者という基準があります。これは、専門スクールにかよって講座を修了することで有資格者となることができますスクールでは、文化庁が決めていることなので、日本語教師の求人では、強い資格になります。また、日本語教育能力検定試験では、日本語教師として能力が基準よりも高いかを知ることができる試験になります。
試験では、マークシートやヒアリングなどを行い異文化とコミュニケーションが取れることや日本語と社会の関係性など幅広い分野から出題される試験になります。
この試験は、独学で合格することは難しいです。そのため、通信講座で学ぶことやスクールに通って資格取得を目指している人が多くいます。

スクールに通うことでいろいろなメリットが存在しますが、まずは、実践的な会話などもすることができるので、すぐに体に染み込ませることができます。また、試験や授業をサポートしてくれるスタッフもいるので、安心して相談することができます。しっかりとした対策をして試験に除くことができます。