アルファベットとキャラクター

日本語を教える重要性

外国人に日本語を教えるために大事なこととは何か

東京オリンピックの開催が決まりこれから日本には外国人がどんどん来日してくることが考えられます。 日本に来た外国人に日本語を教えるための日本語教師の必要性が求められるといってもいいでしょう。 日本語教師とは、外国人に対して日本語という外国語を教えるということになるのです。外国語である日本語を一つの言語として教えるためには、言語学的な知識、日本語の学問的な知識などについて教えていくことが大切なのです。 音声や日本語の歴史、表現法や語彙などを教えることになるので、日本人に教える国語とは全く違うものとなるのです。 日本語教師になることができれば、外国人のための日本語学校などで働くことが出来るのです。 日本語学校では、外国人に対して異文化コミュニケーションなども教えていくことが求められるといえます。

日本語教師になるために学校に行こう

将来は、日本語教師になりたいという場合は、日本語養成講座を420時間の講習を受ける必要があります。この講座終了後に検定試験を受けて合格すれば日本語教師としての能力が認められたということになるのです。 または、大学などで日本語教育を専攻し履修すれば、420時間の講習を受けたことに該当することになります。 学校などを卒業して日本語教師になるコースもあるのですが、社会人として働きその経験を活かすことはとても重要なことなのです。それは、外国人に対して教えることは学校で学んだことだけ教えればいいということではないからです。 自分の経験を通して日本について教える幅が広がるということになるからです。 晴れて日本語教師の検定試験に受かり、求人を探す場合には根気よく探していくことも大事となります。